kmd-windorchestra’s diary

吹奏楽指導者(JBA会員)、作編曲者、中学校教諭のブログ(吹奏楽指導、作編曲依頼はメールでご相談を)

課題曲コンサート2024 in 府中

 今日は、学校でお仕事せずに諸々外回りの日でした。4年に一度の「うるう日」でしたが、自分にとっては「課題曲コンサート」の日です。昨年、仕事の会合と被ってしまって行けなかったコンサートだったので仕事も早く切り上げて万全の体制でコンサートに向かいました。

 会場が府中ということで都心からも少しばかり離れています。そのことを考慮して最初は、酒井先生と大井先生のプレトークからスタートという佼成ウインドの粋な計らいです。とにかく大井先生の酒井先生に対する愛情!?が深すぎます。さすが、「イタリスト」を名乗るだけのことがあります。会場では、「愛の結晶」である「酒井格作品集」のCDが先行発売されていました。もちろん、ゲットしました。特典にトークDVDと両者のサインが付いています。サインには、番号がついており、私は「61」でした(私の次に買った人は、某吹奏楽指導者で全国大会常連校の先生でした)。

 佼成ウインド&大井先生の演奏は、言うまでもなく素晴らしいものでした。参考演奏で聴いているCD、DVDと違って生演奏は格別です。特に課題曲Ⅱの冒頭部分と最後の和音の温かみが耳に心地よく癒されました。美しいサウンドに触れると涙が出てしまいます(私はコンサートで耳が幸せになると泣くタイプの人間です)。さらには前半最後の課題曲Ⅲは、予想通りマエストロ大井がノリノリでした。作曲者、作品への愛が溢れる好演でした。「テンポがよく変わるから」という数学的なことではなく、指揮者のアプローチの差が出やすい曲であることを改めて強く感じました。いくつかネットで素晴らしい「メルヘン」が聴けますが、そのいずれとも異なる今日の表現(人が違えば、音楽が違うのは当たり前ですが、今日の表現はまだ誰もやっていない域にあるという意味)でした。この曲は間違いなく「楽しい」ですね。こちらの曲でも涙・・・。

 今日は、私としては珍しく本校吹奏楽部のコーチと演奏会に来ていました。隣で涙を流していたのは、バレていないとは思うのですが・・・。本当は素晴らしい演奏を生徒と共有したいのですが、それは叶わないのでせめてコーチと共有できればと思ってお誘いしたのです。コンサートの感動を仲間と共有できることは幸せなことです。

 このコンサートの素晴らしいところは中高生が客層に多いこと、一流の作曲家が普通に客席にいること、学校関係者がたくさんいること、一般の吹奏楽ファンもいることです。客層がどこかの属性に偏るコンサートは、たくさんあると思うのですが幅広く人を集めるのが「課題曲」の魅力なのかもしれません。日本の吹奏楽界独自の文化と言えますが、私は素晴らしいことだと思います。今日は良い1日でした。「今日」という言葉を使っていますが、記事を書いている間に日付を跨いでしまいました・・・。

最高の「レトロ」

 生駒中学校のグランプリで沸いたSJ&Pコンテスト全国大会ですが、招待演奏の近大付属の「レトロ」が公開されました。その名も「レトロ - オルタナティヴ・ロングヴァージョン」です。もともと宝島の演奏で大好きだった近大付属ですが、その大好きな団体が大好きな曲をやっているわけですから、痺れるわけです。ポップスを本格的に取り組んでいきたい全ての学校が参考にすべきだと思います。

 

第12回シンフォニックジャズ&ポップスコンテスト全国大会(招待演奏)
近畿大学附属高等学校吹奏楽部(12年連続出場)指揮者:小谷康夫

レトロ - オルタナティヴ・ロングヴァージョン(天野正道

【12th SJ&P】近畿大学附属高等学校吹奏楽部 / レトロ - オルタナティヴ・ロングヴァージョン【招待演奏】 (youtube.com)

大人しく過ごしたい派

 2月は過重労働気味だったので今日は予定を入れずに休息に専念しました。食料品の買い物以外には出かけず、家でまったり過ごしました。もともと体力があるほうではないので、心身のバランスをとっていかないと学年末の激務に耐えられないわけです。でも、そのおかげで依頼された編曲の案件の終わりもようやく見えてきました。こうやって大人しく休日を過ごすのも良いものです。

 

 「大人しく過ごす」という点で思うことがあって・・・

 インドアな私でも美容室、マッサージ屋さん、飲み屋などに足を運ぶことがたまにあります。そのスキルで色々と心身のケアをしてくれるわけです。もちろんそれを目的に行くわけですが「接客業」のプロの方は、ご丁寧にコミュニケーションをとろうとしてくれます。これこそ接客のプロというわけですが、個人的にはお店では大人しく過ごしたい派です。

 仕事のことを聞かれても外では「教員」であるということは基本的に伏せています。15年以上、私の担当をしてくれている美容師さんですら私が中学校教師をしていることは知りません。

 それに普段は生徒や保護者と「話すこと」がかなり多い職種です。国語科の授業でも専門教養をあらゆる手を使って伝達し、学級担任としてクラスを引っ張ることも日常的なことです。さらに吹奏楽部では、指揮者として、主顧問として一人で多数のバンドメンバーに色々伝えています。だからこそ、プライベートでは黙り込んで「大人しく過ごしたい時間」があるのです。

 某お店の若い従業員の方に「無口ですね」「大人しいですね」と先日、言われました。一生懸命にコミュニケーションをとってくださろうとしているのに申し訳ございません。別に怒っているわけでも、コミュニケーションが極度に苦手なわけでもありません。ただただ「大人しく過ごしていたい」のです。それが充実した休日であり、プライベートな時間なのです。「必要最低限の会話のみ」で接客をお願いします…というわけにもいかないので担当の方々、気を悪くしたらすみません・・・。

寒いSpFes

 10月に予定していたPTA主催のイベントが延期になって、2月末の本日にようやく行われました。吹奏楽部はステージ発表と模擬店で参加しました。本来ならば、テスト明けの昨日にしっかりと準備をしたいところでしたが、職員打ち合わせで活動時間が短縮…。演奏も模擬店も準備不足を感じましたが、どちらも何とか滞りなく終えることができました。

 1月、2月と「指揮者」としてのお仕事(本番)がなく・・・10分間のステージでしたが、久々のステージでした(自称:吹奏楽界から干されていた2か月間)。前述のとおり、昨日まで学年末テストでしたので生徒自身もブランクがあった中で本番だったし、「Spring Festival」の名にしては寒い日だったのでピッチも上がりませんでした。でも、吹奏楽部からすると同じ学校の生徒や先生の前で演奏する貴重なイベントです。良い意味で「ホーム」の演奏だったので、楽しく演奏できたと思います。保護者が言うように「コンテストのような気負いがなくリラックスして演奏できた」ということでしょう。本来の音楽というものは、こういう楽しみ方で良いのかもしれません。

 校歌、学園天国、ハイホー、おジャ魔女カーニバルの4曲を演奏しました。先生や保護者世代に刺さるラインナップになっていたことと思います。いつものことですが、編曲は全て私の手によるものです。音楽科の先生が驚いていました。普通の国語科は、ここまでしませんからね…。

 

 模擬店のほうは、手間をあまりかけずにいかに楽器修理代を稼ぐかを意識しました。普段、ビジネスに関係のない仕事ですからこういうときに血が騒ぎます。一応、父方の実家は「商店」なのです。今回は食べ物だけでなく吹奏楽部グッズに力を入れました。昨年CD5枚があっという間に売れたので今年は2次元コード販売に切り替えました。さらには限定グッズとして、私のお古の指揮棒、かつて大会で使用した自作曲のスコアなども販売しました。決して安い値段ではないのにコアなファンの方が、すぐに買っていってしまいました。考えてみれば人生で初めて自分の曲の楽譜を売ったことになります。収益は、私の手元に1円も入りませんので、そこはご安心を…。すべて吹奏楽部の部費に充てることになります。自分の楽譜が吹奏楽部の活動費になるなら、それはありがたいことです。いつもの日常とは違ったイベントならではの生徒の楽しそうな表情も良いものでした。

学年末テスト

 更新が滞りました。というのも仕事がそれなりに忙しい。いつものことですが、休みなく働いております。17,18日の土日を使って修学旅行の下見に行ってきました。担当の職員とコンビで京都・奈良に向かいました。怒涛のスケジュールで下見をこなして、翌日は普通に授業。そして、今日から学年末テストです。しかも国語は初日の1時間目です。採点業務に道徳や総合学習の評価も並行して行うのが3学期の大変なところです。

 もちろん、吹奏楽部の練習はOFFです。でも、「独り部活」はもちろんやっています。8月に今までやったことのないイベントを企画中です。発起人は私ではなく行動力がすごい有名な先生なのですが、諸事情で私が当面の事務処理を担当します。諸先生方の吹奏楽熱に負けないように私もお得意の事務局業務頑張っていきたいと思います。

 

 動画の仕様で直接貼れないのですが、先日も当ブログで取り上げた。生駒中学校の演奏がノーカットで視聴できます。ネット上でもだいぶ騒がれている「日本一の中学生」です。「レトロ」が素晴らしすぎて言葉がないです。

 

吹奏楽による第12回シンフォニックジャズ&ポップスコンテスト全国大会

総合グランプリ 生駒市立生駒中学校吹奏楽部(奈良)【初出場】

指揮者:山上 隆弘

課題曲:ザ・テンプター / 星出 尚志 

自由曲:イマジン / John Lennon arr. 星出 尚志

レトロ / 天野 正道

 

 https://youtu.be/DxNEU65kqCE

ネジが2本届きました。

 ネジが2本届きました。

 

 事の始まりは2024年2月9日のポストからです。

Xユーザーの本田雅人さん: 「みなさんこれは秘密ですよ~! そして文章長いですよ~笑 ちゃんとサックスに関するおはなしです! 今日の秘密ミッションはネジ! まぁたくさん勉強になりました!… https://t.co/i6IDWikjM0」 / X (twitter.com)

 私が最も敬愛するサックス奏者の本田雅人さんのポストです。フリューゲルホルンのマウスパイプのところのネジが、サックスのネックをとめるところのネジにも使えるというお話です。YAMAHAにはそんな互換性があったのか・・・その発想は誰もなかったことだと思います。本田さんによるとこれがメッチャ良くて!!!とのこと。本田さんはYAMAHAのアトリエで色々試しているそうですが、市販品でも劇的に変わるということです。なんつったって2200円ですよ!! ヤマハ値付けセンスないです笑 ホント2万でもイイくらい効果絶大です!!」とそのコスパの良さも大絶賛です。本田さんは「YAS-875EXG」を使用しています。セルマーの「マーク7」というイメージが強い方もいるかもしれませんが、今はYAMAHAを使用されています。

 今から2、3年前になりますが、私もアルトサックスを購入しました(自分は吹かないくせに・・・)。そこで買ったのが「YAS-875EX」です。セルマーが良いのかなと思っていたのですが、YAMAHAの最上級モデルの虜になりました。さすがにGPにするほどお金がないので「EX」ですけどね。あんまり言うとあれなのですが、複数本所持しています・・・それくらい「YAS-875EX」に傾倒しています。ということでテスト明けからこの魔改造を試してみたいと思います。ちなみにYAMAHAのサックスでない方は、ネックのネジサイズが異なるので、このネジは使用できません。でも、本田さんによるとリガチャーのネジとしても活用できるとのことです。

 お試しあれ!!

と言いたいところが、ざっと調べてみると各種販売サイトで「在庫なし」の表示が見られます。本田さんの影響力がすさまじい…。このポストによって私と同じように食いついた人たちが全国各地にいて「品切れ」状態になっているのです。もともとフリューゲルホルンのネジは、需要がそんなにあるわけではないですからね。急な需要増によって供給が追いつかないのだと思われます。しばらく品薄状態は続くでしょう。

明日の入試頑張って^^

 明日は、いわゆる入試の日。3年生には実力を十分に発揮してもらいたいと思います。今年は2年生の担当なので3年生に直接教えることはないわけですが、応援しています。学校の方も学年末テストが近づいているので明日から部活はお休みです。こちらもテスト作成側として頑張っていきたいと思います。

 とはいえ、吹奏楽活動がストップするわけではありません。楽器の修理、会計処理、3月の日程調整など顧問としてやることは山積しています。書いていた曲もパソコン不調で再起動したら保存前の状態に戻っていて落胆しています・・・。丁寧に書き直せというお告げだと捉えて書き直します。落胆とは別にちょっといいこともありました。帰宅後に12月末に受けた認定試験の結果が届いていました。「ポカ」をした指揮実技の結果です。0点で「不合格」と思っていたら「合格」していました。講評用紙にもアドバイスが記載されていましたので今後の参考にしていきたいと思います。5年前は不合格だったので少しは私自身もレベルアップしてきたのかもしれません。生徒に頑張らせるだけでなく、先生も頑張っていくことで互いに成長していきたいと思います。

まとめて書いたら長くなった

 昨日は、本校吹奏楽部にとって珍しい同時三展開の日でした。活動としては午前中のみですが、色々重なっていまして…。私一人ではどうにもなりませんので、副顧問の先生のご尽力に感謝です。以下の3つのイベントが被っていたのです。

 

①市教育委員会表彰(小ホール)

②JPEC&EXSEED打コンのホール収録(大ホール)

③地元青少年健全育成会による部活動体験(本校)

 

 私は上記①②のために朝からホール入りでした。本校吹奏楽部が、ポプコン全国大会準優勝の功績が評価されて教育委員会表彰されました。団体として市からオフィシャルにお祝いしていただくことはありがたいことです。その表彰式の裏で大ホールが空いていたので異例のホール練習を行っていました。打楽器パートの5名のみで大ホールを使うなんて贅沢の極みです。これはアンサンブル曲の撮影ためのホール練習です。たまたまホールが午前区分のみ空いていたので借りました。「大会予選のため」という名目で行政サイドの全面的な支援もいただくことができました。ホール練習は年一度という感覚でしたので、今年度は異例です。10回の練習よりも1回の本番が子どもたちをより成長させます。

 ③のほうは私はノータッチとなってしまいましたが、こちらも初の取り組みです。運動部では、ちらほら行われていた小学生の部活動体験を吹奏楽部もトライしてみたわけです。小6対象ではなく、小学1年生からOKという取り組みです。しかも、当日にならないと何人来るかも分からないシステム。学校に戻ってから聞いたのですが、15名くらいが楽器に触れたそうです。健全育成会の方からも「中学生が熱心に教えてくれました」とお礼の言葉をいただきました。吹奏楽部の場合、音を出すまでが時間がかかるので「楽器体験」が「できなくてつまらないもの」になってしまわないか不安もありました。もし、この体験をきっかけに将来的に楽器に取り組む子が増えたら素晴らしいことです。あまり音楽文化が盛んな地域ではないので、地域に根差した活動は大事にしたいと思います。

 部活動のほうは昼過ぎに解散して、そのあとは某高校の合奏指導に呼ばれていたので車で1時間ほどかけて移動しました。こういうときでないと高速道路に乗らないので、それだけでワクワクです。午前中は、先に述べたような内容だったので珍しく合奏指導をしていませんでした。自分のところのバンドではありませんが、午後になっていつも通りの活動です。

 お題は、定期演奏会に向けた「ポップスステージ」です。神奈川県の場合、多くの中学・高校は、3月が定期演奏会シーズンです。入試シーズンは高校が使えないのでこの休日は合奏に力が入る時期でもあります。短時間ですが、ポップスやジャズに特化した合奏を行いました。高校生ですから、ちょっとニュアンスを伝えれば変化させようとする反応は早いものです。ポップスに対してどの点で「こだわり」を持っていくべきなのか、それを伝えたつもりです。慣れていない部分もありますが、工夫をすると演奏がよくなっていきます。

 ここの高校は、解散後も残って練習をしたり、おしゃべりしたりという自由な時間があります。このおしゃべりというのは部員同士ももちろんですが、顧問の先生と部員のコミュニケーションの場にもなっています。私も残っておしゃべりに参加…。高校2年生は練習後でも元気。クラス替えが気になること、来年度のコンクール曲が難しくていやになりそうなこと、入試期間でディズニーに行くことなど話題は様々でした。こうやって高校生が勉強にプライベートに悩みながらも吹奏楽に向き合っていく姿は素敵なものです。完成されたステージだけでなく、こうやって泥臭く取り組んでいる姿も中学生にも見せたい。高校でも吹奏楽(音楽)を続けてほしいので、こういった高校生(ちょっと先の先輩)の姿を見てほしいのです。結局、外が真っ暗になる時間まで滞在しました。スマホのライトを付けて手を振ってくれる高校生たち。今思えば、高2って前に担任した代の教え子と同級生になるのか…。そう考えると不思議な感覚です。スケジュール的に合奏指導に行ける回数は、ほとんどないですが定期演奏会には足を運びたいと思います。

 そして、日曜は部活動がオフだったので例の動画審査のコンクール2つ分のデータ整理と申し込み手続きを一気に済ませました。どちらも共通してYoutubeの限定公開で審査なのです。そんなこんなしていたところ「吹奏楽による第12回シンフォニックジャズ&ポップスコンテスト全国大会」の表彰式のライブ配信が行われました。

https://youtu.be/5gSYwot2VlY

 

グランプリ

生駒中学校

 

 すごすぎて言葉がありません。全日本吹奏楽コンクールで披露された「レトロ」がさらに進化したに違いない。一体どんな「レトロ」になったのでしょうか。この大会はポップスコンテストの最高峰でもあるのですが、部門が分かれていません。中学、高校、大学、一般などまとめて行われるのです。だから、中学でエントリーしているだけでレアなのですが、その中でのグランプリ。配信が楽しみです。

世間の狭さ(学校教育編)

 今日は、午前授業で部活動もオフ…。というのも校区の小学校参観の日だからです。珍しく小学校の授業を見させてもらいました。昼休みが終わって数百人が教室に戻っていく有様は圧巻・・・。さすが市内No.1のマンモス校です。掲示物や号令、授業のスタイルなども中学とは違う文化です。小中の連携のための参観ですので、校種の垣根を超えて互いを知ることが大切で、それが子どもたちのためにもなります。せっかくなので小学校の色んな学年の国語科の授業を覗かせてもらいました。

 

それはともかく今日の出張で世間の狭さを感じました。

地元で働くからこうなるわけですが・・・。

①小中学校時代の同級生が先生をしている。

②小中学校時代の恩師が管理職をしている。

③前任校の吹奏楽部の教え子が先生をしている。

④姪っ子が授業を受けている。

⑤かつての教え子の保護者が先生をしている。

 

 校長の教え子が私で、その私の教え子が先生をしている…。良くいえば脈々と受け継がれているわけですが・・・。しかも中学校区で仕事をしているわけですから不思議なものです。地元でアホなことができないというか、どこでどうつながってるか分からないものです。自分は、まだまだ若手に分類されるものだと勝手に思い込んでいますが、こういう現実を見ると若手といつまでも言っていられないのでしょうか。そんなことを感じる出張でした。

 

 さて、音楽関係の話題にも少し触れておきましょう。吹奏楽関連の出版者としては大手のミュージックエイトが「楽譜作りのスタッフ」を募集しています。音楽に関われる仕事は数少ないですから興味のある方は下記リンクからアクセスし、採用担当に連絡をとってみましょう。

スタッフ募集のお知らせ (music8.com)

 細かい業務内容は分かりませんが、Finaleは自信あるし、事務仕事やWeb関係もわりと行ける方だと自負しています。まぁ転職するつもりはありませんけどね。転職はしないけれど、将来的には楽譜を出版したい気持ちはあります。なんだかんだで作編曲のお仕事もきます(無償だから頼みやすいのだと思います)。中学校教師の本業が激務ですし、これから部活動の地域移行が形になってきたらますます大変なことになると思いますので、出版の準備なんていうのはできなさそうですけどね。

2時間遅れスタートの学校

 昨日の雪の影響で今日は2時間遅れで生徒は登校しました。昨夜の時点では雷が鳴るくらい大気が不安定だったのですが、今朝は思っていた以上に雪が残っていませんでした。2時間遅れにしなくても良かったのではないかと思ってしまいますが、その2時間で定期テストの作成作業が進みました。何ごともプラスに考えていこうと思います。

 3時間目からの学校でしたが、帰りのHR終了時刻は15:40だったので部活動の時間は相変わらず短いです。16:30には片づけ開始ですから音を出せるのは30~40分程度・・・。明日は出張の関係で全部活動が休みなので、今日は強引に「メルヘン」の初見合奏を行いました。冒頭部分のみですが、実際に音を出してみてわかることもあります。まだ冒頭部分だけですが、よく鳴るような気がしました。さらに部活の解散後、ちょっと用事があって私が着任した頃の卒業生が来ました。先週、世に出回ったばかりの課題曲にすでに取り掛かっていることに驚いていました。時間さえあればもっとしっかり取り組むのですが…。とにかくがっつり吹奏楽がしたいです。

 さて、そんな「メルヘン」ですが、一般バンド界を長い間、牽引してきた「土気シビック」の演奏が公開されました。定期演奏会の模様となります。もちろん、指揮は加養先生。

 

土気シビックウインドオーケストラ 第30回定期演奏会より
2024年2月4日(日) 四街道市文化センター 大ホール
指揮:加養浩幸 (Hiroyuki KAYO)
演奏:土気シビックウインドオーケストラ (TOKE CIVIC Wind Orchestra)


www.youtube.com