kmd-windorchestra’s diary

吹奏楽指導者(JBA会員)、作編曲者、中学校教諭のブログ(吹奏楽指導、作編曲依頼はメールでご相談を)

Trbデビューなるか!?

 新しく購入した楽器です。ネットオークションで落札した中古のバルブトロンボーンです。2万円ちょっとで入手しました。メーカー不明な上にネットオークションですから試奏ができない・・・。本来ならば、このような条件下で楽器を買うのはリスクが大きいので避けるべきでしたが、バルブトロンボーンが中古で出回る機会が少ないため入札に至りました。

f:id:kmd-windorchestra:20210413202542j:plain

バルブトロンボーン

 楽器を組み立てて吹いてみたところ、2番のピストンが戻ってこない状態でした。サビを落としてオイルをさしてバネを調整したところ復活しました。持ち方がよく分かりませんが、音も無事に出ました。調性もB管だったので安心しました(オークションの質問欄では、Es管ではないか?と情報が出ていました)。思っていた以上にピッチもよくてそれなりに使える状態でした。ノーブランドの楽器やアジア製の安価な楽器は、とにかくピッチが悪くて使い物にならないことが多いです。日本のヤマハの音程の良さは世界に誇るべき特徴ですね。楽器は、銀メッキですが高音域はバリバリしたクリアな音が出ます。マウスピースは細管のものでないと入りません。私が使用しているのは「UMI」のマウスピースを金メッキ加工したものです。古いタイプのマウスピースですが、費用対効果が高いマウスピースとして気に入っています。

 17日に予定している本番でこのトロンボーンを使って演奏しようと思っています。数年前の定期演奏会でトランペットデビューを果たし、数年前の合同バンドでパーカッションデビューを果たしています。今回は、それに続くトロンボーンデビューの予定です。

 

 しかしながら、心配なニュースが飛び込んできました。17日(土)の天気が昨日までは良かったのにさきほど確認したら降水確率90%になっていました。今日も大荒れの予報だったのに全然雨が降っていません…。天気というものは分からないものです。

 さらに神奈川を含む4県にも「蔓延防止等重点措置」が適用される見通しになったそうです。総理がアメリカに出発する15日までに方向性を出すそうです。緊急事態宣言と似たような扱いになると屋外ステージとはいえ校外への遠征は厳しくなるかもしれません。

時代に合わせて指導者も変化を!

 全国的に新入生の仮入部等が始まる時期になっています。動画投稿サイトを見ると部活動紹介の動画が数多く上がってきています。コロナ禍で加速したものの1つが動画編集、編集技術だと思います。私は、5年くらい前からとある指導者研修会でベテランの先生から勧められて吹奏楽部のプロモーションビデオ作成を始めました。当時のPVは写真のスライドショーに演奏した録音をくっつけただけのものでした。

 昨年からのコロナ禍で私自身もこの1年で動画に関してはだいぶ強くなりました。同じような顧問の先生方が全国に多数いらっしゃることが分かると何だかワクワクしてまいります。

 今日から東京都などで蔓延防止等重点措置(マンボウ)が適用されました。変異株による第4派の波が押し寄せてきています。関西方面でも急速な広がりを見せているので修学旅行が心配になってきます。情勢を冷静に見る必要があります。

 吹奏楽に関していえば、部活動の停止や公共施設の閉鎖などの影響も出てくると思います。5月の連休に定期演奏会を予定していた学校も多かったのではないでしょうか。

 

どんな形であれ「子どもたちにチャンスを」

 

それを切に願うのみです。こんな時だからこそ指導者の連携が必要だと感じます。

リードの魅力を語る対談

 吹奏楽の専門誌といえば「バンドジャーナル」です。あのBJが動画ライブ配信をしました。リードのメモリアルイヤーなのでそれにちなんだ対談なのですが、出演陣が豪華なのです。対談は、アーカイブ配信されていますので以下の埋め込みからも視聴できます。

youtu.be

[出演]

鈴木英史(作曲家)

小林恵子(東京吹奏楽団正指揮者)

井上学JBA日本吹奏楽指導者協会副会長) 

赤井淳(バンドジャーナル副編集長) 

 

 鈴木先生、小林先生、井上先生にはいずれもJBA吹奏楽ゼミナールで教わったことがあります。諸先生方のお姿やお話をこういう形で拝見することができて吹奏楽ファンとしても嬉しい限りでございます。部活動でも冒頭の13分を部員とともに視聴しました。今年度は、鈴木先生のアレンジものをコンクールで取り上げるのでアレンジャーがどういう方なのか部員にとっても知る良い機会となりました。

 

 

バンドディレクターの対談

 日本の中において大人気のバンドディレクターと言えば、甘粕先生ではないでしょうか。トークやリアクションなどで上手にバンドの士気を高め、演奏技術やサウンドまで高めてしまうすごい吹奏楽指導者です。全国になだたる強豪校を数々ご指導されています。指揮者とは、やまももシンフォニックバンドを率いています。

 年末開催のJBA吹奏楽ゼミナールでもそのユニークな指導は受講生一同、大変勉強になりました。私自身も参考にさせていただいております。DVDのほうももちろん購入済み!!

 そんな甘粕先生の対談がYouTubeにアップロードされました。

youtu.be

 

強豪校とFinale

Finale × イチカ

Finale|クラブフィナーレ|吹奏楽部活動と音楽授業におけるFinaleの活用:柏市立柏高等学校での取り組み (finalemusic.jp)

 

 吹奏楽の殿堂ともいえるイチカシがFinaleを部活動にどのように導入しているか読むことができる記事になっています。石田総監督を支える顧問の先生方はイチカシの卒業生でもあります。音楽の先生がたくさんいらっしゃるということは強みの1つです。

 そんな目標の1つであるイチカシの新しい演奏がアップロードされています。同曲の衣装は真っ青なイメージがありましたが、これはこれでさわやかですね。

youtu.be

吹奏楽の楽しさ・・・

 今日は県立高校の入学式。中学校にも高校生が制服姿を見せにやってきました。前任校の吹奏楽部で1年間しか関われなかった教え子が、わざわざうちの中学校まで来てくれたのはありがたいことです。学校は違えど引き続き卒業生の皆さんとは繋がりを持つことができれば嬉しく思います。年度当初でバタバタしてしまい、ゆっくりお話ができなかったので、ぜひ土曜日の部活などにも顔を出してほしいところです。

 前任校での最後の1年間は色々な意味で内容の濃い1年間だったと思います。本当だったら3年間かけて教えていきたいことがあったけれど、ずっと一緒にいることができずに途中で別れてしまいました。もし、一緒に最後までいたらどうなっていたのだろうと考えてしまうこともありますが、別れなければ今の教え子と出会うこともなかったわけで・・・タイムパラドックスですね。3月の引退し、4月にこうやってきてくれるということは短い間ながらも吹奏楽の良さを伝えることができたからだと思っています。

 

 でも、コロナ禍になった今はどうだろうか・・・とふと考えてしまうこともあります。知り合いのお子様が中学3年生になるのですが、吹奏楽部に所属しています。最上級生になるタイミングですから、高い意識で打ち込んでいるのかなと様子を伺ったのですが、あまりモチベーションが高くないようなのです。その知り合いの方は、音楽に造詣が深く、学校現場における部活動の意義や大切さを理解されている保護者です。

 吹奏楽部に所属し、日々の練習に打ち込むモチベーションが上がらない理由が「発表の場」がないからだというのです。発表の場ができても、直前になって「延期」「中止」を繰り返しており、そのたびに何のための練習か、合奏しても楽しくないという想いが心の中で広がっていってしまうというのです。コンサートがあれば、達成感があるし、緊張もするし、お客さんから喜んでもらえたりもするし、人間として成長する機会にもなります。それがことごとく消えていくとしたら吹奏楽部としての活動に意義を感じなくなり、部活動をやる意味がないと生徒が感じてしまうのです。

 このお話を聞いた時に、うちはどうだろうかと考えてしまいます。私自身は、すっかり吹奏楽にハマっているから演奏を聴いたり曲を書いたり練習環境を整えるだけでも楽しめる部分があります。でも進級した2、3年生は、どうでしょうか。この1年間でほとんどの本番がなくなり部活動の良い部分に触れる機会が少なかったのではないか。部活動っていいな、吹奏楽っていいな、楽器って楽しいなと思える指導が顧問としてできていなかったのかもしれません。

 昨年度は、9月に独自の吹奏楽コンクールを企画運営し、12月には集大成となる定期演奏会を開催、3月には創部以来の快挙となる全国大会の出場を果たしました。私の知り合いの吹奏楽関係者からは「こんな状況下でもこれだけできてすごいですね」「さすがの指導力ですね」など言葉をいただくこともあります。

 でも、目の前の生徒に「部活動の良さ」「吹奏楽の楽しさ」を伝えられているのかと振り返るといささか怪しいものです。自分が中学の3年間、高校の3年間でそれぞれ良い想いができたように、コロナ禍であっても今の現役生に良い想いをさせてあげたいものです。かつての教え子に会い、吹奏楽指導の原点を見つめ直す1日でした。

 

 私の吹奏楽の原点はこの曲。厳しい吹奏楽の世界に飛び込んで…辛い日々だったけど吹奏楽の奥深さにハマった中学校1年生のコンクール曲。

朝鮮民謡の主題による変奏曲(J.B.チャンス 作曲)

youtu.be

プロの卵

 新学期の幕開けです。学級担任9年目、3年生の担任3回目となります。3年間持ち上がりで担当できることはありがたいことです。前任校が小規模校だったので今の学校の入れ替わる人数規模は、まだ慣れていません。生徒も保護者の数も職員の数も単純に倍ですからね。

 3年生の担任となるとやはり進路指導が大きな仕事の1つになります。進路の話題になるときに、たまに「音楽の道に進もうとは思わなかったのですか?」と生徒や保護者、さらには同僚から聞かれることがあります。

 ほんの一瞬だけ考えたこともありましたが、音楽で飯を食べていけるほど甘い世界じゃないことも察していたし、本業にしてしまうと挫折したときに立ち直れないと思ったので音楽の道には進みませんでした。「逃げ」と言われればそれまでですが、本業と趣味は分ける派です。本業でうまく行かないとき、趣味である音楽が自分を助けてくれると考えています。だからこそ、プロやセミプロに必死になって食らいついていくアマチュアになろうと必死に勉強しています。

 アマチュアだからこそプロの音楽家に対してはものすごく憧れるし、尊敬の念を抱きます。ひと昔前までは音大と吹奏楽というものの結びつきが弱かったのですが、今では吹奏楽の専門家を目指す道まで登場しています。いずれ、そういうところで学んだ吹奏楽指導者とも対面するのだと思います。

 

 普段このサイトで話題にあげる高校生と違う高校生を紹介したいと思います。

吹奏楽部ではなく音高の吹奏楽です。しかも芸大付属高。作曲者とコンタクトをとって特殊な編成にしたというところもいいですね。まさにプロの卵です。

youtu.be

 

 

2021年度 コンクール日程

吹奏楽連盟関連

 すでに中止となっている事業(選抜大会など)もありますが、夏のコンクールが開催されることを願っています。今後、各吹奏楽連盟の総会が実施されて日程が正式に決定されていきますのでご承知おきください。

 

全日本吹奏楽連盟主催の事業 2021年度事業 (ajba.or.jp)

第69回全日本吹奏楽コンクール

10月23日(土)中学校の部   名古屋国際会議場

10月24日(日)高等学校の部  名古屋国際会議場

10月30日(土)大学の部    レクザムホール

10月31日(日)職場・一般の部 レクザムホール

 

第40回小学校バンドフェスティバル

11月20日(土) 大阪城ホール

第34回全日本マーチングコンテスト

11月21日(日) 大阪城ホール

 

第45回全日本アンサンブルコンテスト

2022年3月19日(土) やまぎん県民ホール

 

東関東吹奏楽連盟主催事業 令和3(2021)年度 事業予定 (hksuiren.gr.jp)

第27回東関東吹奏楽コンクール

9月4日(土) 高A よこすか芸術劇場

9月5日(日) 中A よこすか芸術劇場

9月11日(土)高B 宇都宮市文化会館

9月12日(日)小  宇都宮市文化会館

9月18日(土)中B   ザ・ヒロサワ・シティ会館

9月19日(日)職一般 ザ・ヒロサワ・シティ会館

 

第27回東関東マーチングコンテスト

※第20回東関東小学校マーチングフェスティバル

10月3日(土) 千葉 ポートアリーナ

 

第27回東関東アンサンブルコンテスト

2022年1月22日(土) 小高大 君津市民文化ホール

2022年1月23日(日) 中職一 君津市民文化ホール

 

各県主催事業より神奈川県

神奈川県吹奏楽コンクール

7月29日(木) 小   相模女子大学グリーンホール

8月7日(土)  高B   川崎市スポーツ・文化総合センター

8月8日(日)  大職一 川崎市スポーツ・文化総合センター

8月9日(月)  中A   よこすか芸術劇場

8月10日(火) 中A   よこすか芸術劇場

8月11日(水) 中B  神奈川県民ホール

8月12日(木) 高A  神奈川県民ホール

 

神奈川県マーチングコンテスト

※小学生バンドフェスティバル

8月29日(日) 小田原アリーナ

 

神奈川県アンサンブルコンテスト

12月19日(日) 高校 ハーモニーホール座間

12月25日(土) 中学 茅ヶ崎市民文化会館

12月26日(日) 小大職一 茅ヶ崎市民文化会館

 

東日本共催事業(主管:北海道)

第21回東日本学校吹奏楽大会【東日本】 | イベント情報 | 函館地区吹奏楽連盟 (hakodate-suiren.com)

第21回東日本学校吹奏楽大会

10月9日(土)  中    札幌コンサートホール Kitara

10月10日(日) 小・高  札幌コンサートホール Kitara

 

日本音楽教育文化振興会主催

日本管楽合奏コンテスト | JMECPS 公益財団法人日本音楽教育文化振興会

第27回日本管楽合奏コンテスト

受付:8月23日~9月22日

予選:9月27日~10月1日(非公開)

 

全国大会

10月30日(土) 中B 松戸森のホール21

10月31日(日) 高B 松戸森のホール21

11月3日(水)  小    松戸森のホール21

11月6日(土)  中A かつしかシンフォニーヒル

11月7日(日)  高A かつしかシンフォニーヒル

11月14日(日) 中S・高S 尚美バリオホール

 

日本学校合奏コンクール委員会主催授業

JSECC日本学校合奏コンクール/Home

第10回日本学校合奏コンクール2021 全国大会グランドコンテスト

11月6日(土) 千葉県文化会館

11月7日(日) 千葉県文化会館

第10回日本学校合奏コンクール2021 全国大会ソロ&アンサンブルコンテスト

11月14日(日) 白河文化会館コネミス

 

 

とりあえず、今日はここまで…

ポップス系の大会や各種楽器の協会が主催する大会、オンライン上の大会なども情報がまとまって気が向いたらまとめたいと思います。

みんなでステップアップ吹奏楽教本

 一般社団法人日本クラリネット協会(JCA)が3月下旬から「みんなでステップアップ吹奏楽教本」の動画を公開しています。「みんなでステップアップ吹奏楽教本」は同協会が、「子どもゆめ基金」から助成を受けて、制作したものになっています。資料も以下の協会ホームページからダウンロードすることができます。

みんなでステップアップ ~楽器別吹奏楽教本~ | 一般社団法人 日本クラリネット協会 (jp-clarinet.org)

 

クラリネットはもちろん、ホルンやトランペットの動画もアップロードされています。

youtu.be

youtu.be

youtu.be

 

 上記の楽器だけでなく、今後も様々な楽器のコンテンツが増えていくそうなので楽しみでもあります。また、すべての演奏者に共通して参考になるのが以下の「背筋肩甲骨周囲のストレッチ」です。

 私自身も「肩甲骨」と「呼吸」の関連性は吹奏楽指導のコアな部分だと考えて日頃の吹奏楽指導にあたっています。吹奏楽部の練習前後に行うのも効果的かもしれません。新年度の部活動が本格的にスタートする前に視聴してみてはいかがでしょうか。

youtu.be

令和3年度のスタート

 4月1日になり、新年度がスタートしました。とにかくやることがたくさんある年度初めでございます。人も変われば自分の担当も変わるわけですから慣れないことにも多々あります。ひとつずつ目の前のやるべきことを消化していくのみです。

 31日で職場内における別れもありましたが、打って変わって1日は出会いの日になりました。びっくりするくらい前任校で一緒にお仕事した方々が職場に増えていきます。もしかしたら、新高1や高2は母校にいくよりこっちの学校に来たほうが知っている先生が多いのではないでしょうか…というくらいの集合率です。

 部活動のほうは、つかの間の休業です。部員たちも短いながら春休みを謳歌していることと思います。オンとオフをしっかり区切ることは大切なことです。吹奏楽部としては6日に始動する予定です。この練習がない期間は色々な準備期間にもなります。

 

 作曲活動のほうも止まっていた作業を再起動させようと思っています。というのも、今までほとんど知らなかった打楽器アンサンブルの演奏に触れたことでインスピレーションが湧いてきています。半分くらいできあがっているオリジナル曲を4月中には書き上げたいですね。

 

 なんとシエナのリモートコンサートがアップロードされました。しかも、課題曲三昧です。新旧の課題曲がずらりと・・・。ファンには嬉しいコンサートです。

youtu.be