kmd-windorchestra’s diary

吹奏楽指導者、作編曲者のブログ

欲しいDVD…

欲しいもの

 長いこと入手したいとは思っていながら手を出さずにいたDVDがあって久々にネット注文のページを見てみたら購入できない状態になっていました。

 「当たり年」という言葉が適切かは分かりませんが、2013年の全日本吹奏楽コンクール高等学校の部は歴史に残る名演が数多くあります。その年のベスト盤のDVDが欲しいのです。宣伝用のYouTubeの動画だけでも鳥肌ものです。


高等学校編(2013年):Japan's Best for 2013/第61回全日本吹奏楽コンクール全国大会 ダイジェスト動画

 現在は、団体ごとのカスタム版が、7700円となっています。

【DVD-R】1団体演奏収録/第61回全日本吹奏楽コンクール全国大会|ブレーン・オンライン・ショップ (brain-shop.net)

 あと完全版という31219円のものがあります。

【カスタム商品】完全版 第61回全日本吹奏楽コンクール 高等学校編(DVD-R 4枚組)|ブレーン・オンライン・ショップ (brain-shop.net)

 

 中学、職場、一般、大学などは売っているのに高校だけが品切れ状態。やっぱり吹奏楽ファンにとって手にしておきたい2013年版だったのでしょう。中古でベスト版が26000円で売られているのも発見しました。

テトリズムⅣは、ひとまずお蔵入り

 2021年3月26日(金)に開催予定だった2020年度の県央スプリングコンサートは「中止」となりました。2年連続の中止ということで非常に残念ではありますが、いまだに新型コロナウイルスは日本各地で猛威をふるっております。第3波が押し寄せ、各地の新規感染者数も連日のように過去最高を記録しています。

理事長からのメッセージは以下のリンクから

こちら (coocan.jp)

 私が例年指揮を務める「綾瀬市中学校吹奏楽団」の活動がどうなるのかは、まだ協議されていませんがコンサートがないとなると例年通りの合同練習も見直されることになると思います。インフルエンザの流行期に重なることも懸念されています。「ウィズコロナ」の日常においては「合同バンド」の結成はできないのでしょうか。何か良い手は無いものか思案していく必要があります。

 今年度の綾瀬市中学校吹奏楽団のために書いていた「テトリズムⅣ」は半分くらい完成していましたが、コンサートの中止を受け制作を打ち切りたいと思います。焦って曲を仕上げてもろくな作品ができないし、中止という現実から創作意欲が削がれてしまったというのが本当のところです。少し時間をあけて「降ってくるとき」を待とうと思います。ひとまずお蔵入りです。

赤とんぼ

 11月は暖かい日が多かったのですが、本来の秋らしさを感じる今日この頃です。

先日、鎌倉校外学習の引率で鶴岡八幡宮に訪れた際にTVのロケをやっていました。その模様が本日オンエアされましたが、あっという間でしたね。

もしもツアーズ:2020.11.28 - フジテレビ (fujitv.co.jp)

 

 日本が誇る名曲で秋らしさを感じる作品といえば「赤とんぼ」です。

 


vol.49「赤とんぼ」Dragonflies

 


【田中信昭指揮】赤とんぼ【東混オールスターズ】

中1の思い出

 中学校の吹奏楽部で指導をしていると時折、昔のことを思い出します。自分が中学時代に過ごした場所と近い環境で音楽活動をしているからなおさらそういう機会も多いのです。

 初めて演奏した吹奏楽曲は、チャンス作曲の「朝鮮民族の主題による変奏曲」でした。この素晴らしい作品に出会ったおかげで吹奏楽にハマるわけですが、コンクールもひと段落した中1の夏休みにある曲に出会います。高校で吹奏楽部だった姉が持っていたMD(ミニディスク)に録音されていた曲でした。

 その曲は、ホルジンガー作曲の「スクーティン・オン・ハード・ロック~三つの即興的ジャズ風舞曲」です。こんなに低音がメロディーを担当して、しかも忙しく動き回ることに衝撃を受けました。チューバを担当していた当時の自分の固定観念からすると低音は音を伸ばしたり、4分音符で動いたりするものだと思っていました。それがこの曲では、まるで違う。タイトルは「ハードロック通りを駆け抜ける」という意味ですが、当時は音楽ジャンルとしての「ハードロック」だと思っていました。ジャズとハードロックが混ざっていた当時の知識のなさが恥ずかしいですね。


Scootin' on Hardrock (スクーティン・オン・ハードロック)

 

秋山先生の解説はこちらから

スクーティン・オン・ハード・ロック(デイヴィッド・R・ホルジンガー)【Scootin' on Hardrock】 - 吹奏楽の楽譜販売はミュージックエイト (music8.com)

こんな動画を観ています。

 当ブログへのアクセス数を見ると記事を更新した日意外となっております。久々に更新をした11日は何と1日で230名のアクセス…。意外と読者が多いことに驚きます。「吹奏楽ネタ」を発信しなくては思うのですが、じっくり楽曲解説をする暇がないので最近見るYouTube動画を紹介します。

 まずは世代的にぴったりなコチラの動画。最近、20年間の課題曲をピアノで弾いているものになります。音だけ聴いて曲名が当てられる人は課題曲マニアかもしれませんね。


【吹奏楽経験者必見】1999年度~2019年度の全日本吹奏楽コンクール課題曲を色々と弾いてみました

 

 次はスマホから見てほしい動画になります。以前もブログで紹介した「聖ウルスラ学院英智高等学校」です。京都橘のDVD特典にもありましたが、360度で演奏が楽しめる動画になっています。この画角は動画ならではになります。客席とは違った臨場感が味わえる素晴らしい動画です。

youtu.be

 次は2017年にアップロードされた動画になりますが、「オーメンズ・オブ・ラヴ」の吹奏楽版です。もちろん真島先生のアレンジとなります。数あるオーメンズの中でも演奏のクオリティが高いのです。技術だけでなくポップスセンスもあるというか、聴いていてワクワクする演奏です。演奏メンバーも豪華ですね。「宝島」の人気は不動ですが、同じ流れをくんでいる「オーメンズ」もたくさん演奏されるといいのにと思ってしまいます。

youtu.be

年末に吹奏楽の勉強はいかが?

 以前もブログで紹介しましたが・・・以下の日程で「吹奏楽の勉強会」が行われます。今年はオンライン形式となりますのでご自宅から参加できます。

JB吹奏楽オンラインゼミナール2020

【開催日】 2020年12月28日(月)~29日(火)
【形 式】 Zoom利用によるオンラインレクチャー方式
【講 師】 秋山紀夫、野中図洋和、鈴木英史、川本統脩、橋本眞介、井上 学
【定 員】 100名
【受講料】 一般 6,600円(消費税込) JBA会員 5,500円(消費税込)

 

カリキュラムも発表されました。

http://www.jba-honbu.or.jp/zemi_anair2.pdf

 

申し込みは以下からアクセスできます。

JBA吹奏楽オンラインゼミナール2020 | Peatix

 

 入門コースのみですが、講師陣はとても豪華です。さきほど、私も申し込みを済ませました。よろしければ共に学びましょう。

 

アンコン2020 地区大会

 神奈川県内で遅いほうで14日(土)、15日(日)でアンサンブルコンテストが開催されました。新型コロナウイルス対策として、うちの地区は「無観客」で実施されました。他地区は音源審査や動画審査が多い中、色々と対策を講じて開催してくださった吹奏楽連盟の理事会の方々には感謝です。

 表彰式もなく、誘導開始時間にホールに行って演奏が終わったら退散するというスタイルは初めてでしたが思いのほか出演者側の負担が少なく個人的には「あり」だと思いました。他団体の演奏が聴けない、表彰式という晴れの舞台がない、結果がネット発表なのでジャッジペーパーが即日見られない、という面はありますけどね。

 ステージ係の職員が譜面台の高さをステージ袖でそろえてくれました。演奏者が調整するのではなく、不特定多数の人が触れないようにするという意味の工夫には感心しました。裏方の仕事を見直して高校生による補助役員を動員しなかったことも密を避ける意味ではよかったと思います。

 本校からは、管楽6重奏と打楽器4重奏がエントリーしました。

 管楽6重奏チームは、バルトーク作曲の「ミクロコスモス(KMDの編曲)」をで、打楽器4重奏はチームは、「太古の調べ~古事記「神々の愛の物語」より~(KMDのオリジナル)」を演奏しました。よってアンコンにかかった楽譜代は、例年通り0円ということになります。両チームとも何とか「銀賞」を受賞することができました。アンコンを通して「プレイヤー同士が合わせる」という意識が育ったと思います。これは1カ月後に控えた定期演奏会にもプラスになることでしょう。期末テスト直後のアンコンとなったので生徒も大変だったことと思います。需要はないと思いますが、気が向いたら楽譜と音源の公開をいずれはしたいと思います。

 

代表校は以下の通り。

東中学校木管8重奏

睦合中学校木管打楽器7重奏

座間中学校木管3重奏

藤塚中学校クラリネット3重奏

海老名中学校金管8重奏

睦合中学校金管8重奏

西中学校打楽器3重奏

tadasan.la.coocan.jp

自問自答2020

最近、ネット上に出現していなかったので近況を自問自答します。

 

最近、どうよ?

→本業がわりと忙しい。ただ、仕事があるのはありがたいことです。

 もともと忙しさは世界的に見ても顕著な業界です。

 

作曲活動は?

→「テトリズムⅣ」と「古事記~「神々の愛の物語」より」を構想中。

 あとは朝日とか吹奏楽学会に出すような曲も作りたいと思っていますが…

 

編曲活動は?

→「美女と野獣」を小編成吹奏楽でありながら壮大に仕上げたい。

 編曲許諾はすでに頂いております。

 

指揮活動は?

→12月20日(日)に定期演奏会があります。

 ホールで演奏する機会が今年は少ないです。

 だからこそ最高のステージにしたいです。

 

マイブームは?

→映画をレンタルや配信で見ること。この1カ月で15本は観ています。

 藤原竜也さんが大好きなので出演作は片っ端から観ています。

 

KMDの吹奏楽指導について

→12月20日までは難しいです。

 新型コロナウイルス対策の上で年明け以降、希望者(団体)には

 伺うことができます。

 オンライン形式で吹奏楽を愛好する人で座談会(相談会)みたいな

 ことを一度やってみようかなと画策中…。よろしかったらご参加ください。

 

KMDの作品依頼について

→2020年の依頼は終了しました(笑)

 2021年になったらご相談ください。

ソロ動画コンテストの一次が発表されました。

 今年ならではのコンテスト。本校からも3名がエントリーしましたが、一次審査通過とはなりませんでした。悔しさも残りますが、良い経験にはなりました。次のソロコンへとシフトチェンジですね。

 中学校の部の10名の演奏を聴きましたが、みんな素直な良い音で演奏しているという印象を受けました。技術面でいえば拮抗していると思います。ソロは音符を並べるだけではなく、音楽を自分のものにして歌いこむことがやはり大事です。

 再生回数も再生回数TOP賞に入るということなので、楽器を愛好する人たちで動画を見て応援してきましょう。

www.winds-score.com

フルートソロ「旅する笛吹き」楽譜の無料提供開始

 更新が滞ってしまいました。生きておりますのでご心配なく…。管楽合奏コンテストの配信、週末には各地の吹奏楽部、プロの演奏会配信などコロナ禍でも「芸術の秋」を感じます。

 さて、以前予告したフルートソロ曲「旅する笛吹き」の楽譜を無料提供を開始します。第1回学生吹奏楽コンクールのために作られた無伴奏の小品です。本校3年生が演奏し、維持審査を通過した曲です。2次審査を通過とはなりませんでしたが、初中級者向けのレパートリーの開拓には尽力できたかと思います。フルートの審査員の先生からも「フルートの良さが出る小品ですね」というコメントをいただきました。

 楽譜が欲しい方には無料で配付いたしますのでご連絡いただければPDFデータでお渡ししたいと思います。参考音源にも楽譜の画像を貼り付けてありますのでご覧ください。参考音源は、2次審査用の動画から音声のみを取り出したものになります。


旅する笛吹き(実演参考音源)